ライフプラスお薦めサプリ

美しく歳を取るためのライフプラスからの提案

酪酸は大腸の健康に不可欠?酪酸菌配合の医薬品・医薬部外品

酪酸菌を添加したサプリメントが大流行りです。今日は、酪酸菌と酪酸菌を配合した医薬品と医薬部外品を紹介します。

f:id:lifeplus-shop:20200122152216j:plain

 溢れかえっている酪酸菌サプリ

酪酸菌サプリを一部紹介すると、ざっとこれだけあります。

ラクビ(¥3180)、ビセラ(¥5980)、酪酸菌(¥1320)、腸活革命(¥1180)、フロラ(¥2900)、端麗短鎖(¥6800)、チョウ活宣言(¥4980)、腸活スリムラボ(¥2000)、ビオフル(¥4980)、がぜり菌EX(¥1000)。

()内は、一か月分の価格、ずいぶんばらつきがありますね。

こんなにたくさんの種類が出ているということは、売れているという証拠ですね。でも、自分がこれらのサプリを購入する必要があるのかないのか、まず知りたいと思っている方も多いのではないでしょうか。

腸内環境検査キット

尿で判定する腸内環境検査キット『腸内チェック』。気になる人はチェックしてみてはいかがでしょうか。

腸内環境が良くないとき

腸内環境が良くないと思ったら、できることはたくさんあります。

乳酸菌やビフィズス菌などを多く摂り入れ、善玉菌の餌となる食物繊維やオリゴ糖を食事に含め、ストレスのない規則正しい生活をし、適度な運動も欠かさないこと。くれぐれも、サプリメントを飲んだだけで、もう大丈夫なんて安心しないことです。

 

ところで、乳酸菌、ビフィズス菌酪酸菌などを添加したサプリメントが大流行りの昨今ですが、腸内環境を整える目的で作られている医薬品や医薬部外品もあることは、ご存知ですか?


酪酸菌を含む医薬品

ミヤBM細粒・錠 -

強固な芽胞に包まれ抗生物質に対して耐性を持ち、他の整腸剤に比較し胃酸で殺菌されにくいため、腸まで届きやすい

f:id:lifeplus-shop:20200122124424j:plain

一包が1gで、宮入菌末40mg入っています。用法としては、大人の場合で、1日1.5g~3gを3回に分割経口服用するお薬です。

酪酸菌を含む医薬部外品

Amazonで探したら、以下のような商品が見つかりました。

ミヤリサン

強ミヤリサン 錠 330錠 [指定医薬部外品]

価格: ¥2,019
1回量を1日3回、食後に服用
9錠中に酪酸菌(宮入菌)を270mg含有

ビオスリー

価格: ¥3,020
1回量2錠、1日服用回数3回
【成分及び分量】錠剤:6錠中
・糖化菌 150mg
ラクトミン(乳酸菌) 30mg
酪酸菌 150mg

ビオスカイ

【全薬工業】ビオスカイ錠 180錠 [指定医薬部外品]

価格: ¥2,688
糖化菌・乳酸菌・酪酸菌が生きたまま腸までとどき、腸で増える。3種の活性菌の共生効果!!

お腹の 腸内フローラが咲き誇るために、私も腸活頑張りたい!!

f:id:lifeplus-shop:20200122152403j:plain

Trudi FinnissによるPixabayからの画像

 


ここで、酪酸菌って何?本当に効果があるの?と思っている人のために、酪酸菌とは…という話をしますね。

 

酪酸菌とは

酪酸菌(らくさんきん、Butyrate-producing bacteria)は、酪酸を産生する細菌をいう。 代表的な細菌としてクロストリジウム・ブチリカム(Clostridium butyricum Prazmowski 1880)が掲げられる。

動物の腸内にはもともと存在する菌

クロストリジウム・ブチリカムはヒトの病原体として報告されることは珍しく、アジア(特に日本、韓国、中国)のプロバイオティクスとして広く使用されている。

クロストリジウム・ブチリカムは、世界中の様々な地域の土壌や健康な子供や大人の便から培養されており、ミルクやチーズによく使われている。

酪酸菌の効果

参考に、医薬品であるミヤBMの取扱説明書を見てみます。

https://vet.cygni.co.jp/include_html/drug_pdf/syouka/JY-00316.pdf

👇
ミヤBM細粒の臨床成績

ミヤBM細粒の臨床成績

  •  胃腸炎 75% (3/4 例)
  •  腹部症状 80% (271/338 例)
  •  下痢 97% (117/121 例)
  •  便秘 67% (6/9 例)
  •  交替性便通異常 80% (8/10 例)
  •  軟便 59% (94/159 例)

 便秘と下痢の両方の症状を改善してくれるのですね。これなら、家族で愛用できます。

酪酸菌を摂取することは、たしかに整腸作用につながるようです。

 腸内細菌学雑誌の資料

プレバイオティクスから大腸で産生される短鎖脂肪酸の生理効果

 

👇抜粋

短鎖脂肪酸の一種である酪酸は, 大腸粘膜でよく資化される, 大腸粘膜細胞の必須栄養素である.

酪酸の欠乏は大腸の機能不全に繋がり, このような意味で酪酸は人の健康に不可欠なものと言える.短鎖脂肪酸は, エネルギー源としてだけではなく, 健康を維持する多くの生理作用を有している.

すなわち, 水や, 欠乏しやすいミネラルであるカルシウムやマグネシウム, 鉄の吸収を促進し, 肝臓ではコレステロール合成を抑制, さらには, 大腸がんの発症を抑制する.

酪酸は, 大腸の変異細胞にアポトーシスなどを起こさせ除去する

酪酸菌を摂取して酪酸を欠乏させないことは、とても有益なことのようです。便秘や下痢などの不調を抱えている人は、一度は試してみるといいでしょう。

 

実は、私もミヤリサンを購入しました。感想ですが、便がすっぱい匂いに変わったのと、お腹が鳴るようになりました。腸が動いてるんだろうなと喜んでいます。