ライフプラスお薦めサプリ

美しく歳を取るためのライフプラスからの提案

更年期サプリは内容成分で選べ~輸入更年期サプリの成分一覧

ライフプラスの更年期サプリ「フェミニンバランス」に含まれるハーブは、エゾウコギ、ウコン、カンゾウ根部、乳香樹、葛根、ホップエキス、シャタバリですが、この一つ一つのハーブが、どのような働きがあるか、製品データには書かれていません。

そこで、今日は、更年期サプリに良いとされるハーブの種類とその効果について書きます。

ライフプラス「フェミニンバランス」の成分

f:id:lifeplus-shop:20190902060031j:plain

 

製品番号 6002
価格:¥7100
IP: 42.70

f:id:lifeplus-shop:20190918090115g:plain

f:id:lifeplus-shop:20190903063846j:plain

 

エゾウコギ

主な成分はエレウテロサイド

エゾウコギの根や茎などには、体の活力を高めてくれる有効成分を豊富に含んでおり、抗ストレス作用や疲労回復、滋養強壮や精力強化に効果があります。有効成分であるエレウテロサイドEには、免疫細胞を活性化して免疫力を高める働きがあります。最新の研究では、女性ホルモンに似た作用をする成分が含まれていることがわかり、期待が寄せられています。

更年期の不快症状は、女性ホルモンであるエストロゲンの分泌が低下することで起こります。エゾウコギに含まれるピノレジノール・ジグロコサイドという物質が、体内で女性ホルモンに似た作用をするエンテロラクトンという成分に変わることから、乳ガンや更年期障害の治療・予防効果が期待できるとされています。

ウコン

このハーブは、何世紀にもわたって伝統的なアユールベーダに使用されています。ウコンにはクルクミノイドと呼ばれる植物性の有用成分が含まれています。クルクミノイドは、フリーラジカル中和を助けることで関節、脳、心臓や循環器系に有効に働くと考えられています。女性更年期障害の予防。漢方では通経薬として使用されており子宮に作用する場合もある。ウコンに含まれているクルクミンに血小板凝集抑制作用があるため、抗血栓薬との併用は出血傾向が強まるとの報告がありますが、一般的な使用の範囲内であれば問題にはならない

カンゾウ根部

甘草の有効成分の一つ。イソフラボノイド抗酸化作用や更年期障害の緩和作用などがあるとされている。

乳香樹

乳香の最大の役割は、月経困難症の治療と月経前症候群、関節リウマチ、筋肉痛、加齢による皮膚の活性化、瘢痕化の促進、月経不順、産後うつ病、子宮出血、呼吸速度の低下、助けになることです瞑想。フットバスのお湯に数滴の乳香油を加えて、血液と経絡を活性化する目的を達成し、水虫の足の臭いを除去する効果を達成することができます。

葛根

http://www.kyusuke.co.jp/info/

イソフラボンの一種であるダイゼインダイズイン・ブェラリンが含まれています。血流を良くしてくれる成分も配合で、体を温めてくれます。葛湯にして飲むのがオススメです。

その昔から血行をよくし、体を温めたり、緊張をやわらげたりすることから、風邪や胃痛などの際に民間治療薬としても利用されてきた本葛。その理由は、本葛に多く含まれるイソフラボンにありました。イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをすることから、更年期障害骨粗鬆症などの症状改善としても注目されています。

ホップエキス

http://shogyokai.jp/articles/-/1168

ビールの原料の1つであるホップ(ハーブの一種)には「フィストロゲン」という女性ホルモンに似た物質が含まれています。

そのため、ホルモンバランスの乱れが原因で起こる、冷え症・肩こり・疲れ・不眠・白髪・抜け毛などの改善に効果が期待できる。さらにホップには、精神を安定させるハーブのような役割もあるため、ストレス緩和にもいいそう。

また、ビール酵母には美肌作りに欠かせないビタミンB群、ホップには肌の酸化を防ぐポリフェノールが含まれているため、アンチエイジングとしても◎。

特にビタミンB2は脂肪を燃焼させる酵素を助ける働きもあるため、ダイエット効果もあるのだそう。

シャタバリ

https://moringa0516.amebaownd.com/posts/5898477

フィト(植物)エストロゲンの作用と老化を防ぐ滋養成分の作用

シャタバリの学名は、Asparagus racemosus。
女性の受胎能力や寿命に良い効果があり、「100人の夫をもつ女性」という意味があります。女性の生殖器ホルモンに対する強壮と若返り効果があるからです。

女性のホルモンレベルの正常化を助ける植物性エストロゲンと、免疫を強めストレスを軽減し早期老化を防ぐ滋養分を含むことが確認されています。

「女性の一生には3つの段階があります。一段階は、誕生から生理が始まるまで。第二段階は、定期的な生理のある時期、第三段階は更年期と生理閉止期です。第二段階で重要な革命は妊娠です。妊娠という革命を経験する女性もいれば、しない女性もいるにせよ、この三つのステージはすべての女性に共通しているものです。
女性は時として生理不順などに悩まされます。あるいは、生理がない、痛みを伴う生理、少量の生理しかない、多すぎる生理、あるいは他の病の影響で、たとえば、胸部の腫瘍、炎症、乳首のひび割れ、胸部の未発達などの影響で生理不順となることもあります。
女性の生涯の全三段階において、いつでも助けになるハーブはシャタバリです。」(ドクター・ジェインのハーブブックより)

 


ソーンリサーチ「Meta-Balance」の成分

f:id:lifeplus-shop:20191011073727p:plain
ソーンリサーチの更年期サプリとして売られている製品「Meta-Balance」の成分についても調べてみましょう。

 

Hesperidin MethylChalcone(ヘスペリジン)

ヘスペリジン(ビタミンP)は柑橘類等の果皮などに含まれるポリフェノールの一種。毛細血管の柔軟性を保つ作用で末梢神経の血流を改善し、冷え症を改善します。また更年期のほてり、むくみの改善、免疫力を高めるなどの働きがあります。ヘスペリジン(ビタミンP)のポリフェノールが毛細血管の働きを整え花粉症の改善に効果があります。

Chaste Tree exstrack(fruit)(セイヨウニンジンボク)

ホルモンの生産を増やすことで、プロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌を促しホルモンバランスを正常化させます。 精油脂肪酸、イリドイド配糖体、フラボノイド、アルカロイドなどを含み、これらの有効成分が働いてプロゲステロン(黄体ホルモン)を増やし、エストロゲン(卵胞ホルモン)とのバランスを整えます。下垂体においてFSH(卵胞刺激ホルモン)の分泌を抑制し LH(黄体形成ホルモン)の分泌を促進すること また、ホルモンバランスに影響を与える可能性があるため、妊娠中や授乳中の摂取は避ける。 ・ホルモン分泌調整作用をもつと考えられるため、ホルモン感受性のがん(乳がん、子宮がん、卵巣がん)あるいは疾患(子宮筋腫子宮内膜症)の女性は使用を避けたほうがよい。』とあるので、注意して下さい。

Dong Quai exstrack(root)(ドンクアイ (トウキ))

中国原産のハーブ。根から抽出される物質は、伝統中国医学では、月経障害や更年期障害の治療に用いられている。ドンクアイはワルファリン(血液の抗凝結薬)の作用を増強させることがある。学名はAngelica sinensis。

Wild Yam exstrack(root)(ワイルドヤム)

このハーブには、月経困難症及び更年期症状の治療で利用されてきた長い歴史があります20,21。ワイルドヤムの活性成分には、抗酸化、抗炎症及び鎮痙作用を有するジオスシンとジオスゲニンが含まれ、ストレスや疲労による影響の緩和に役立ちます22-24。ワイルドヤムはまたエストロゲン様作用を示し、エストロゲン代替療法にも用いることが可能であると考えられています24,25。

 Black Cohosh exstrack(root)(ブラックコホシュ)

ブラックコホシュもまた、PMSや更年期の症状に苦しむ女性に頻繁に利用されているもう一つの有名なハーブです。その有益効果に関与している作用には、ホルモン抑制作用、エストロゲン様作用、エストロゲン受容体への結合が含まれます26,27。ブラックコホシュによる処置を受けた閉経期の女性において、ホットフラッシュと気分変動に顕著な改善が認められたことが臨床試験で報告されています27,28。

 

その他の更年期サプリによく含まれる成分

f:id:lifeplus-shop:20191011075144j:plain

日本では、女性ホルモンの代替療法として有名なのは、大豆イソフラボン、亜麻仁などですね。こちらについても、調べてみます。

 

大豆イソフラボン

大豆は、その有益とされる健康特性から、女性消費者から多大な人気を博しています。ゲニステインとダイゼインは、大豆に存在する植物エストロゲンです。それらが有するエストロゲン様特性の結果、食事からの大豆消費が高い女性の多くは、大豆消費が低い女性と比べて更年期症状の経験度合が低く、また乳癌の発生も少ないことが明らかにされました。

イソフラボンは植物エストロゲンに分類されるように、亜麻仁に存在するリグナンと同様の作用を示します。大豆イソフラボンは、骨密度の維持・増大、血中コレステロール値と高血圧の低下による心血管疾患リスクの低減に有用であるとされています31-33。現在では多くの食品メーカーが自社のさまざまな製品に大豆を配合しているため、女性が大豆を利用しやすくなっています。

リグナン

http://www.koyojapan.jp/pdf/TOPIX_152.pdf

亜麻仁は自然界でリグナンの最も豊富な供給源で、穀類、果物、野菜のような他の食品よりも100倍以上高い濃度のリグナンを含んでいます。リグナンは植物中に自然に存在する物質で、エストロゲン代謝と利用を調節する植物化合物である植物エストロゲンに分類されています。
リグナンは、類線維腫、乳腺線維嚢胞症及びPMSによって特徴付けられるエストロゲ優勢の場合に作用します。リグナンはまた、閉経時に体内で充分なエストロゲンが生成されない場合にも作用を示します。

 

以下は、参考:【エストロゲン】と同じ力を持つ植物を知ってストレスフリーな生活を送ろうからの引用 https://www.axe-objet-axe.com/wp/mame/3503

レッドクローバー

ハーブの一種で、イソフラボンが含まれています。エストロゲンの過不足を調整できるのでホルモンバランスを整えてくれるにはオススメです。ハーブティーで飲むのがマイルドで飲みやすく、リラックス効果も得られますよ♪

マカ

ペルーのパワーフードで、成長ホルモンを作る作用があり、ホルモンバランスも整えてくれます。粉末をスムージーやヨーグルトなどに混ぜたり、サプリで摂取するのがオススメです。

大豆イソフラボン

納豆・豆腐など大豆製品に多く含まれるイソフラボンですが、味噌にも含まれているんです。お味噌汁で摂取するのがオススメ♪

黒ザクロジュース

真っ黒で実が大きい種子です。渋味が少ないので飲みやすく、種を絞ってジュースにできるんです!

吉野葛

イソフラボンの一種であるダイゼインダイズイン・ブェラリンが含まれています。血流を良くしてくれる成分も配合で、体を温めてくれます。葛湯にして飲むのがオススメです。

シャタバリ

フィト(植物)エストロゲンの作用と老化を防ぐ滋養成分の作用があります。オーガニックのサプリメントがオススメです!

精油

精油エストロゲンの分泌を助けてくれる作用があります。有効的なのは、クラリセージ、ダマスクローズ、ゼラニウムフェンネルスターアニス、バジル、イランイラン。